【目次】【これだけは抑えておきたい】抗不安薬

◆ベンゾジアゼピン系抗不安薬 共通事項 デパス リーゼ コンスタン、ソラナックス ワイパックス レキソタン、セニラン 長時間型抗不安薬 超長時間型抗不安薬 ◆非ベンゾジアゼピン系抗不安薬 セディール アタラックス

【これだけは抑えておきたい】オレキシン受容体拮抗薬:デエビゴ

基本情報 オレキシン受容体拮抗薬である。 CYP3A4阻害を有する薬剤とは禁忌ではない。 一包化が可能である。 半減期が長い。 基本情報 製品名:デエビゴ 一般名:レンボレキサント製剤 効能・効果:不眠症 オレキシン受容体拮抗薬である。 デエビゴは、2種類…

【目次】【これだけは抑えておきたい】睡眠薬

◆ベンゾジアゼピン系睡眠薬 共通事項 ハルシオン レンドルミン エバミール、ロラメット リスミー ベンザリン、ネルボン、サイレース、ユーロジン ダルメート、ドラール、ソメリン ◆非ベンゾジアゼピン系睡眠薬 マイスリー、アモバン、ルネスタ ◆メラトニン受…

【これだけは抑えておきたい】躁うつ病治療薬:トリンテリックス

基本情報 セロトニン再取り込み/セロトニン受容体モジュレーター(S-RIM)である。 胃腸障害や性機能障害は比較的少ない。 通常、成人には1日1回10mgを経口投与する。 基本情報 製品名:トリンテリックス 一般名:ボルチオキセチン臭化水素酸塩錠 効能・効…

【これだけは抑えておきたい】躁うつ病治療薬:リフレックス、レメロン

基本情報 ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)である。 胃腸障害や性機能障害が少ない。 基本情報 製品名:リフレックス、レメロン 一般名:ミルタザピン錠 効能・効果:うつ病・うつ状態 ノルアドレナリン作動性・特異的セロ…

【目次】【これだけは抑えておきたい】躁・うつ病治療薬

◆三環系抗うつ薬(TCA) 主な三環系抗うつ薬 アモキサン ◆四環系抗うつ薬 主な四環系抗うつ薬 ◆選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI) デプロメール、ルボックス パキシル ジェイゾロフト レクサプロ ◆セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SN…

【目次】【これだけは抑えておきたい】抗認知症薬

◆コリンエステラーゼ(ChE)阻害薬 共通事項 アリセプト レミニール リバスタッチ、イクセロン ◆NMDA受容体拮抗薬 メマリー

【これだけは抑えておきたい】過敏性腸症候群治療薬:リンゼス

基本情報 グアニル酸シクラーゼC受容体作動薬である。 1日1回食前に投与する。 体内にほとんど吸収されない。 基本情報 製品名:リンゼス 一般名:リナクロチド錠 効能・効果: ・便秘型過敏性腸症候群 ・慢性便秘症(器質的疾患による便秘を除く) グアニル…

【目次】【これだけは抑えておきたい】腸疾患治療薬

◆便秘治療薬 下剤共通事項 大腸刺激性下剤①(プルゼニド、センナ、アローゼン、アジャストA) 大腸刺激性下剤②(ラキソベロン、テレミンソフト) 酸化マグネシウム アミティーザ グーフィス ◆整腸剤 ビオフェルミン、ラックビー、ミヤBM ◆止瀉薬 ブスコパン…

【これだけは抑えておきたい】便秘治療薬:グーフィス

基本情報 胆汁酸トランスポーター阻害剤である。 薬剤性および症候性の便秘に対する使用経験はない。 1日1回10㎎を食前に経口投与する。 基本情報 製品名:グーフィス 一般名:エロビキシバット水和物錠 効能・効果:慢性便秘症(器質的疾患による便秘を除く…

【薬の疑問】ヘリコバクターピロリ除菌治療後の効果判定は?

ヘリコバクターピロリ菌の除菌を薬で行ったあと、すぐには除菌できているかどうかを検査はしません。 なぜなら、除菌できていないのに、除菌されたと判断されてしまう「偽陰性」となることがあるためです。 一般的には、除菌の治療薬を終了して4週後以降の時…

【目次】【これだけは抑えておきたい】胃疾患治療薬

◆プロトンポンプ阻害薬(PPI) 共通事項 オメプラール タケプロン パリエット ネキシウム ◆PCAB タケキャブ ◆酸分泌抑制薬 H2受容体拮抗薬 抗コリン薬 ◆胃粘膜防御因子増強薬 サイトテック 組織修復・粘膜保護薬 ◆機能性ディスペプシア(FD)治療薬 アコファ…

【目次】【医学論文】循環器疾患

循環器疾患関連の医学論文です。 ・Treat Stroke to Target試験(PMID:31738483)

【医学論文】Treat Stroke to Target試験

※注意! 下記は最新の医学論文の内容であり、現時点では、本邦では認められていない治療や薬の使い方の場合があります。一般の方向けの情報ではございませんのでご注意ください。 ----- 【結論】 アテローム性動脈硬化後の3か月以内の脳梗塞または15日以内の…

【目次】【薬の疑問】胃疾患

胃疾患に関連する薬で、よくある疑問点です。以下をご覧ください。 ・胃酸を抑える胃薬は、胃の働きを完全に止める? ・プロトンポンプ阻害薬(PPI)は長期間服用してもよい? ・ヘリコバクターピロリ除菌治療後の効果判定は?

【薬の疑問】プロトンポンプ阻害薬(PPI)は長期間服用してもよい?

プロトンポンプ阻害薬(PPI)は、逆流性食道炎等で服用する場合は、通常は8週間までの投与制限があります。ただ、再発や再燃を繰り返す場合は、8週間以上服用するケースもあります。 PPIを長期間服用することについて、いままでそして現在も、副作用リスクな…

【薬の疑問】胃酸を抑える胃薬は、胃の働きを完全に止める?

プロトンポンプ阻害薬は、胃の中のpHが4以上となる時間の割合が1日の中で増えることで、胃の症状が改善します。 プロトンポンプ阻害薬、いわゆるPPIと呼ばれるものは、1日1回の服用で胃の中のpHを上昇して症状を改善します(ヘリコバクターピロリ菌の除菌等…

【薬の疑問】なぜ、吸入薬は配合剤があるのか?

近年、気管支喘息やCOPDの治療において、吸入薬は配合剤がどんどんと増えてきて、選択肢の幅が広がりつつあります。COPDについては、2019年に3剤配合剤が登場しました。 喘息やCOPDの治療は、基本は吸入ステロイド薬や長期管理薬等でコントロールしていきま…

【薬の疑問】吸入ステロイド薬の吸入後は、毎回うがいは必要?

吸入ステロイド薬の吸入後は、毎回うがいが必要です。 吸入ステロイド薬は、飲み薬のステロイド薬と比べて、副作用は少ないものの、吸入時に口の中に残ってしまうことで、その後、声枯れや口の中にカビのような症状が生える可能性があります。 そのため、吸…

【これだけは抑えておきたい】インフルエンザ治療薬:ゾフルーザ

基本情報 mRNA合成阻害薬である。 年齢と体重によって用量を調節する。 症状発現から2日以内に使用を開始する。 異常行動について 基本情報 製品名:ゾフルーザ 一般名:バロキサビル マルボキシル製剤 効能・効果:A型又はB型インフルエンザウイルス感染症 …

【目次】【これだけは抑えておきたい】インフルエンザ治療薬

◆ノイラミニダーゼ(NA)阻害薬 タミフル リレンザ イナビル ラピアクタ ◆mRNA合成阻害薬 ゾフルーザ ◆RNAポリメラーゼ阻害薬 アビガン

【目次】【薬の疑問】インフルエンザ

インフルエンザに関連する薬で、よくある疑問点です。以下をご覧ください。 ・インフルエンザ罹患後の異常行動は、インフルエンザ治療薬が原因か?

【目次】【薬の疑問】呼吸器疾患

呼吸器疾患の関連する薬で、よくある疑問点です。以下をご覧ください。 ・気管支喘息で症状が改善しても薬は続けた方がよいか? ・なぜ、吸入薬は配合剤があるのか? ・吸入ステロイド薬は小児に使用すると、身長が伸びなくなるか? ・吸入ステロイド薬の吸…

一般の方へ

以下、気になる箇所をクリックしてご覧ください。 ◆一般的な薬の基礎知識 ・AG(オーソライズドジェネリック)とは? ・セイヨウオトギリソウと薬との飲み合わせは? ・薬の再利用は? ・薬を飲み忘れた場合、どう対処すればよいか? ・旅行する際、薬はどう…

【これだけは抑えておきたい】 3成分配合COPD治療薬:ビレーズトリ

基本情報 3成分配合剤である。 吸入剤はpMDIである。 基本情報 製品名:ビレーズトリ 一般名:ブデソニド/グリコピロニウム臭化物/ホルモテロールフマル酸塩水和物製剤 効能・効果: 慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロ…

【これだけは抑えておきたい】COPD治療薬:吸入薬配合剤 ビベスピ

基本情報 LABA+LAMAの合剤である。 吸入剤はpMDIである。 基本情報 製品名:ビベスピ 一般名:グリコピロニウム臭化物/ホルモテロールフマル酸塩水和物製剤 効能・効果: 慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)の気道閉塞性障害に基づく諸症状の緩解(…

【これだけは抑えておきたい】 3成分配合COPD治療薬:テリルジー

基本情報 3成分配合剤である。 1日1回吸入である。 基本情報 製品名:テリルジー 一般名:フルチカゾンフランカルボン酸エステル・ウメクリジニウム臭化物・ ビランテロールトリフェニル酢酸塩ドライパウダーインヘラー 効能・効果: 慢性閉塞性肺疾患(慢性…

【薬の疑問】気管支喘息で症状が改善しても薬は続けた方がよいか?

気管支喘息は症状が何もなくても気道の炎症等が起きていることがあるため、長期管理薬と呼ばれるものについては、毎日欠かさずに定期的に使用を続けます。 喘息の症状や状況をみながら、ガイドラインに沿って主治医が治療ステップを下げるのかを判断します。…

【薬の疑問】好酸球を減らしてもよい?

気管支喘息において、難治性の重症喘息の場合に、好酸球が関与していることがあり、好酸球をターゲットとして、好酸球を減らす治療が行われる場合があります。抗体製剤などです。ただ、好酸球を減らしても身体は本当に大丈夫でしょうか? 好酸球は白血球の一…

【薬の疑問】吸入ステロイド薬は小児に使用すると、身長が伸びなくなるか?

気管支喘息の治療薬である吸入ステロイド薬は、ステロイドが含まれており、副作用を心配される方も多いと思います。 その中でも、小児に対して使用すると、成長が遅延して、身長が低くなると言われておりますが、果たしていかがでしょうか。 他の副作用でも…