骨粗鬆症

骨粗鬆症治療薬⑯:プラリア

骨粗鬆症治療薬、最後はプラリア(デノスマブ)皮下注です。 ◆ポイント◆ ①ヒト型抗RANKLモノクローナル抗体製剤である。 ②6ヵ月に1回、皮下投与する。 ③関節リウマチに伴う骨びらんの進行抑制にも用いる。 ①ヒト型抗RANKLモノクローナル抗体製剤である。 RAN…

骨粗鬆症治療薬⑮:テリボン

骨粗鬆症治療薬、続いてはテリボン(テリパラチド)です。 ◆ポイント◆ ①フォルテオと同一成分である。 ②1週間に1回56.5μgを皮下注射する。 ③投与は24ヵ月間までとする。 ①フォルテオと同一成分である。 テリボンも成分はテリパラチドで、フォルテオと同一成…

骨粗鬆症治療薬⑭:フォルテオ

骨粗鬆症治療薬、続いてはフォルテオ(テリパラチド)です。 ◆ポイント◆ ①副甲状腺ホルモン(PTH)製剤である。 ②1日1回20μgを皮下注射する。 ③心疾患のある患者は注意する。 ①副甲状腺ホルモン(PTH)製剤である。 副甲状腺ホルモンは骨の代謝に関与します。 フ…

骨粗鬆症治療薬⑬:オステン

骨粗鬆症治療薬、続いてはオステン(イプリフラボン)です。 ◆ポイント◆ ①骨粗鬆症における骨量減少の改善に用いる。 ②フラボノイド系の物質である。 ③消化性潰瘍や胃腸出血に注意。 ①骨粗鬆症における骨量減少の改善に用いる。 オステンは、直接的な骨吸収…

骨粗鬆症治療薬⑫:グラケー

骨粗鬆症治療薬、今回はグラケー(メナテトレノン)です。 ◆ポイント◆ ①ビタミンK2製剤で、骨粗鬆症を改善する。 ②ワーファリンと併用禁忌である。 ③食後に服用する。 ①ビタミンK2製剤で、骨粗鬆症を改善する。 骨粗鬆症はカルシウムだけではなく、ビタミンK…

骨粗鬆症治療薬⑪:エディロール

骨粗鬆症治療薬、活性型ビタミンD3製剤、最後はエディロール(エルデカルシトール)です。 ◆ポイント◆ ①従来のビタミンD3製剤を強化した製剤である。 ②カプセル剤として2規格ある。 ③アルファカルシドールに比べて、ガイドラインの推奨度が高い。 ①従来のビ…

骨粗鬆症治療薬⑩:ロカルトロール

骨粗鬆症治療薬、今回はロカルトロール(カルシトリオール)です。 ◆ポイント◆ ①カプセル剤として2規格ある。 ②肝臓や腎臓での代謝を必要としない。 ③骨形成作用もある。 ①カプセル剤として2規格ある。 ロカルトロールは、カプセル剤として、0.25μgと0.5μgの…

骨粗鬆症治療薬⑨:アルファロール、ワンアルファ

骨粗鬆症治療薬、今回から活性型ビタミンD3製剤に入ります。まずはアルファロール、ワンアルファ(アルファカルシドール)から。 アルファカルシドールは、中外製薬からはアルファロール、帝人ファーマからはワンアルファとして販売されています。 ◆ポイント…

骨粗鬆症治療薬⑧:ビビアント

骨粗鬆症治療薬、今回もSERMであるビビアント(バセドキシフェン)です。 ビビアントも基本的にはエビスタと同様のSERMに分類されるため、エビスタの項で述べた作用機序や、静脈血栓症リスクなどは同じです。 ◆ポイント◆ ①1日1回1錠服用で、閉経後骨粗鬆症を…

骨粗鬆症治療薬⑦:エビスタ

骨粗鬆症治療薬、今回はエビスタ(ラロキシフェン)です。 ◆ポイント◆ ①SERMに分類される閉経後骨粗鬆症治療薬である。 ②静脈血栓塞栓症に注意が必要。 ③1日1回の服用で効果を発揮する。 ①SERMに分類される閉経後骨粗鬆症治療薬である。 エビスタはSERM(選…

骨粗鬆症治療薬⑥:ボンビバ

骨粗鬆症治療薬、ビスホスホネート製剤各論、最後はボンビバ(イバンドロン酸)です。 ◆ポイント◆ ①錠剤と静注剤の2規格ある。 ②錠剤は服用後、少なくとも60分は横にならないよう注意する。 ③注射剤は、初回投与後の急性期症状に注意。 ①錠剤と静注剤の2規格…

骨粗鬆症治療薬⑤:ボノテオ、リカルボン

骨粗鬆症治療薬、ビスホスホネート製剤各論、今回はボノテオ、リカルボン(ミノドロン酸)です。 ミノドロン酸は、アステラス製薬からはボノテオ、小野薬品からはリカルボンとして販売されています。 ◆ポイント◆ ①錠剤として2規格ある。 ②第3世代のビスホス…

骨粗鬆症治療薬④:ダイドロネル

骨粗鬆症治療薬、ビスホスホネート製剤各論、今回はダイドロネル(エチドロン酸)です。 ◆ポイント◆ ①第一世代のビスホスホネート製剤である。 ②周期的間歇投与である。 ③消化器系の副作用が多い。 ①第一世代のビスホスホネート製剤である。 ダイドロネル(…

骨粗鬆症治療薬③:ボナロン、フォサマック

骨粗鬆症治療薬、ビスホスホネート製剤各論、今回はボナロン、フォサマック(アレンドロン酸)です。 アレンドロン酸は、帝人ファーマからはボナロン、MSDからはフォサマックとして販売されています。 ◆ポイント◆ ①錠剤は5㎎と35㎎の2種類ある。 ②ボナロンは…

骨粗鬆症治療薬②:アクトネル 、ベネット

骨粗鬆症治療薬、今回からビスホスホネート製剤各論に入ります。まずはアクトネル、ベネット(リセドロン酸)から。 リセドロン酸は、エーザイからはアクトネル、武田薬品からはベネットして販売されています。 ◆ポイント◆ ①錠剤として3規格ある。 ②17.5㎎は…

骨粗鬆症治療薬①:ビスホスホネート製剤共通項

今回からは、骨粗鬆症治療薬についてまとめます。 まずは処方量が多い、ビスホスホネート製剤についてまとめます。 具体的な薬剤は次回以降各論で触れますが、今回はビスホスホネート製剤の共通項をまとめます。 ◆ポイント◆ ①破骨細胞阻害作用により、骨吸収…