高尿酸血症治療薬④:ウリアデック

高尿酸血症治療薬、今回はウリアデック(トピロキソスタット)です。

 

◆ポイント◆

①1日2回投与の尿酸生合成阻害薬である。

②腎機能低下例においても、使用しやすい。

 

①1日2回投与の尿酸生合成阻害薬である。

ウリアデックは、ザイロリックやフェブリク同様、尿酸生合成阻害薬です。ウリアデックは、非プリン型選択的キサンチンオキシダーゼ阻害剤で、1日2回朝晩に服用します。

ウリアデックは規格としては、20㎎、40㎎、60㎎の3剤あります。通常成人には、1日2回1回20㎎でスタートし、経過観察しながら適宜増減し、1回最大80㎎1日2回まで投与可能です。

 

②腎機能低下例においても、使用しやすい。

ウリアデックもフェブリク同様、ザイロリックと異なり、軽~中程度の腎障害では、減量等の必要はありません。ただ、使用経験がなく安全性が確立していないため、重度の腎機能障害のある患者には慎重投与です。

 

上記内容は記載時点での情報です。情報を使用する際は、最新の添付文書等で常に確認してください。