躁うつ病治療薬⑬:イフェクサー

抗うつ薬SNRI、最後はイフェクサー(ベンラファキシン)です。

 

◆ポイント◆

①徐放剤である。

②服用開始1週後より1日75mgを1日1回食後に経口投与する。

離脱症状に注意する。

 

①徐放剤である。

イフェクサーはSRカプセルであり、徐々に薬剤が放出される徐放剤です。1日1回の服用で効果を発揮します。

 

②服用開始1週後より1日75mgを1日1回食後に経口投与する。

イフェクサーは37.5mgと75㎎の2種類あります。通常、1日37.5mgを初期用量とし、 1週後より1日75mgを1日1回食後に経口投与します。年齢や症状に応じ1日225mgを超えない範囲で適宜増減しますが、増量は1 週間以上の間隔をあけて1日用量として75mgずつ行うよう注意します。

 

離脱症状に注意する。

イフェクサーは、パキシル同様に離脱症状が比較的強いと言われていますので、徐々に減量するなど注意が必要です。

 

※上記内容は記載時点での情報です。情報を使用する際は、最新の添付文書等で常に確認してください。