ベンゾジアゼピン系抗不安薬④コンスタン、ソラナックス

ベンゾジアゼピン抗不安薬、次は中時間型のコンスタン、ソラナックス(アルプラゾラム)です。

 

◆ポイント◆

①コンスタンとソラナックスの2種類、販売されている。

半減期は中程度で、中時間型の薬剤である。

HIVプロテアーゼ阻害薬と併用禁忌。

 

①コンスタンとソラナックスの2種類、販売されている。

アルプラゾラムは、製品名がコンスタンとソラナックスの2種類で販売されています。コンスタンは武田薬品ソラナックスファイザーから販売されています。もちろん、主成分はアルプラゾラムで同じでありますが、ソラナックスは錠剤に割線があるのに対して、コンスタンは錠剤に割線がありません。量の調節にはソラナックスの方が良い場合があります。

 

半減期は中程度で、中時間型の薬剤である。

半減期は約14時間で中時間型に分類されます。したがって、抗不安作用も中程度ですし、長時間型ほどでも短時間型ほどでもない程度のお薬となります。

 

HIVプロテアーゼ阻害薬と併用禁忌。

コンスタンとソラナックスは、HIVプロテアーゼ阻害薬と併用した場合、CYPが阻害されて、コンスタンとソラナックス血中濃度が著しく上昇し、過度の鎮静や呼吸抑制が起こる可能性があるとして併用禁忌となっております。

 

※上記内容は記載時点での情報です。情報を使用する際は、最新の添付文書等で常に確認してください。