認知症治療薬(ChE阻害薬)②アリセプト

アルツハイマー認知症治療薬、コリンエステラーゼ阻害薬各論、まずはアリセプト(ドネペジル)からまとめます。

 

◆ポイント◆

①剤形が豊富である。

②適応は重症度に関係なく、高度のアルツハイマー認知症にも使用できる。

③1日1回服用である。

 

①剤形が豊富である。

アリセプトは剤形として、錠剤、OD錠(D錠)、細粒、ゼリー、ドライシロップ(DS)と豊富です。これらにより、嚥下困難な患者でも服用しやすいようになり、介護者の負担も軽減できます。

 

②適応は重症度に関係なく、高度のアルツハイマー認知症にも使用できる。

適応となる進行度は、重症度に関係なく、軽度から高度に至るアルツハイマー認知症における認知症症状の進行抑制です。ChE阻害薬では高度アルツハイマー認知症に使用できるのは、アリセプトのみです。もちろん軽度にもよく使用されます。

 

③1日1回服用である。

アリセプト半減期が約80時間ほどと長く、1日1回服用です。レミニールは半減期が短いので1日2回服用する必要があります。

 

※上記内容は記載時点での情報です。情報を使用する際は、最新の添付文書等で常に確認してください。