【EBMと治療薬】糖尿病

■ビグアナイド系製剤

・メトホルミンの適正使用に関するRecommendationがアップデート。

 https://www.nittokyo.or.jp/uploads/files/recommendation_metformin_190805.pdf

 高齢者だけでなく、比較的若年者でも少量投与でも、腎機能障害患者などの特徴を有する患者で、乳酸アシドーシスの発現が報告されていることに注意

 まず、経口摂取が困難な患者や寝たきりなど、全身状態が悪い患者には投与しないことを大前提とし、以下の事項に留意する。

  腎機能障害患者、脱水、シックデイ、過度のアルコール摂取

 

 

■SGLT2阻害剤

 ・ダパグリフロジン

①DAPA-HF試験の探索的解析結果。

 HFrEF患者にダパグリフロジンの投与は2型糖尿病に関わらず、心不全増悪や心血管死のリスクを有意に低下した。(PMID:32219386)

②第Ⅲ相DAPA-CKD試験。

 2型糖尿病に関わらず、慢性腎臓病患者においてSGLT2阻害剤としてはじめて有益性を示した。

 

 

■GLP-1製剤

・経口GLP-1製剤(Rybelsus 一般名:セマグルチド)が欧州で承認。

 世界初の唯一の経口投与可能なGLP-1受容体作動薬。

 PIONEERの10試験の結果より。

 

 

【目次】【これだけは抑えておきたい】骨粗鬆症治療薬

◆ビスホスホネート製剤

 共通事項

 ダイドロネル

 ボナロン、フォサマック

 アクトネル、ベネット

 ボノテオ、リカルボン

 ボンビバ

 

◆活性型ビタミンD3製剤

 アルファロール、ワンアルファ

 ロカルトロール

 エディロール

 

◆イプリフラボン製剤

 オステン

 

◆ビタミンK2製剤

 グラケー

 

◆SERM

 エビスタ

 ビビアント

 

副甲状腺ホルモン製剤

 フォルテオ

 テリボン

 

◆抗RANKLモノクローナル抗体

 プラリア

 

【EBMと治療薬】高血圧症

ACE阻害薬・ARB

 

・COVID-19との関連

 「ACE阻害薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)の服用は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)罹患後の重症化要因にはならない」と米国心臓協会(AHA)、米国心不全学会(HFSA)、米国心臓病学会(ACC)の3学会が共同声明。

 ただ、心疾患等がある場合は、COVID-19罹患後重症化のリスクが高まるため注意が必要。

 

-----

 (参考・関連文献)

SARS-CoV2はウイルス細胞侵入の受容体としてACE2受容体を利用する。

 ACE阻害薬はACE2受容体をアップレギュレートするため、理論上はCOVID-19の潜在的な危険因子として作用し得る。

 PMID:32196087