胃粘膜防御因子増強薬(組織修復・粘膜保護薬)

胃粘膜防御因子増強薬、組織修復・粘膜保護薬について1回でまとめます。

組織修復・粘膜保護薬は以下のような薬があります。

 

ムコスタレバミピド

セルベックス(テプレノン)

アルサルミンスクラルファート

・プロマック(ポラプレジンク)

・ガストローム(エカベト)

・ノイエル(セトラキサート)

 

◆ポイント◆

ムコスタセルベックスは粘液分泌促進作用、粘膜血流増加作用、酸分泌抑制作用を示す。

アルサルミンは、併用薬によってはキレート形成する可能性があり注意が必要。

アルサルミンは、長期投与でアルミニウム脳症等が起こる可能性があり。

 

ムコスタセルベックスは粘液分泌促進作用、粘膜血流増加作用、酸分泌抑制作用を示す。

ムコスタセルベックスはよく処方される薬です。ムコスタは、ロキソニンとセットで頓用で処方されるケースもあります。ムコスタセルベックスもそこまで違いはありませんが、ムコスタは錠剤と顆粒、セルベックスはカプセルと細粒の剤形があります。また余談ですが、ドライアイ治療薬にムコスタ点眼液が販売されています。

 

アルサルミンは、併用薬によってはキレート形成する可能性があり注意が必要。

アルサルミンニューキノロン系抗菌薬等と併用すると、アルサルミンのアルミニウムイオンと併用薬が不溶性のキレートを形成してしまい、消化管からの吸収を遅延または阻害します。そのため、併用薬を2時間以上あけるのがベストとされています。

 

アルサルミンは、長期投与でアルミニウム脳症等が起こる可能性があり。

アルサルミンは、長期投与によりアルミニウム脳症、ア ルミニウム骨症、貧血等があらわれるおそれがあるので、 定期的に血中アルミニウム、リン、カルシウム、アルカリ フォスファターゼ等の測定を行うように、添付文書に記載されています。

 

※上記内容は記載時点での情報です。情報を使用する際は、最新の添付文書等で常に確認してください。