トリプタン製剤①共通項

片頭痛治療薬のトリプタン製剤の共通項について、以下まとめてみます。

 

◆ポイント◆

①適応は片頭痛発作で使う。(予防効果はなし)

セロトニン5-HT1B/1D受容体を刺激し、頭痛発作を改善する。

③服用中はめまいや眠気が現れることがある。

 

①適応は片頭痛発作で使う。(予防効果はなし)

いずれの製剤も、頭痛期に入り、痛みが始まったらすぐに服用することで高い効果が得られます。いわゆる急性期の治療薬です。予兆期や前兆期に服用しても効果がありません。

 

セロトニン5-HT1B/1D受容体を刺激し、頭痛発作を改善する。

トリプタン製剤は脳血管・三叉神経のセロトニン5-HT1B/1D受容体を刺激し、拡張している脳の血管を収縮し頭痛発作を改善します。

 

③服用中はめまいや眠気が現れることがある。

副作用としてめまいや眠気が現れることがあるので、自動車の運転等危険を伴う機械操作に従事させないよう十分注意するよう添付文書にも記載があります。 引き続き、トリプタン製剤の各薬剤についてそれぞれ見ていきたいと思います。

 

※上記内容は記載時点での情報です。情報を使用する際は、最新の添付文書等で常に確認してください。

 

参考URL 日本頭痛学会 慢性頭痛の診療ガイドライン2013 http://www.jhsnet.org/GUIDELINE/gl2013/114-144_2-2.pdf